生麩販売 アンプロジェ・バン 「愛され続ける伝統の味と技」那古野麩の花麩作りの案内   

那古野麩の花麩製造工程

小麦粉に水を加えて練り、そこからでんぷんを洗い流したものをグルテン(小麦タンパク)といいます。そのグルテンに餅米粉や小麦粉などを加えて成形し、茹でたり蒸したりしたものが生麩となります。
生麩は四季折々の姿をみせます。梅の花が咲く頃には梅花を、桜の花が咲く頃には桜花を、山のもみじが紅く色付く頃には紅葉を…という具合に、一年を通し食卓に四季の彩を添えます。

グルテンに餅米粉や小麦粉などを加えて成形する

小麦粉から取り出した小麦タンパク(グルテン)に餅米粉を加え練ります。

  
グルテンに餅米粉を加え練った物

出来上った生地に色を付けてさらに練ったものを十数色ほど(製品により異なる)積み重ねていきます。


積み上がったものを職人が型に入る適当な大きさにちぎっていき、一本一本棒状に伸ぱしていきます。

  
型詰め

それを型に詰め茹でていきます。

  
あげ桶入水

茹で上がったら冷水でよく冷まし、一本づつラッピングして出来上がりです。